歯髄保存治療|福岡県糟屋郡 ミスターマックス粕屋店の歯医者おがたファミリー歯科

http://namba-line.heteml.jp/ogata-family-dc.com/

0926271182

受付時間…土日の午後診療は14:00~18:00

歯髄とは

歯髄とは

健康な歯は、外側からエナメル質→象牙質→歯髄(神経)といった構造になっています。歯髄は、熱い、冷たい、しみる、痛いなどの刺激を脳へ伝える神経組織とともに、無数の毛細血管が存在します。この毛細血管は、歯に栄養と酸素を供給する大切な役割を担っています。 

歯髄を残すメリット

歯髄がなくなると、栄養や酸素の供給が断たれ、時間がたつと変色し、歯の強度自体も弱くなります。一般的に治療を行った歯は、再び虫歯になりやすいという問題があります。特に神経を取り除いた歯は、虫歯になっても、「痛い・しみる」などの自覚症状がないため、かなり悪化してから気づくことも少なくありません。
歯の寿命を長くするためにも、歯髄を温存することは重要です。

歯髄保存治療

歯髄近くまで進行した重度の虫歯は刺激により歯髄が炎症を起こしやすいため歯髄を保存する処置が必要になります。
症状が消失しない場合は、結果的に歯髄を取る(抜髄)処置が必要になることもあります。

ケイ酸カルシウムを主成分とし、生体親和性や封鎖性、石灰化促進作用、デンティンブリッジ形成能、細胞反応活性化促進作用、 抗菌性に優れた材料です。
この「神経を守る」「神経を残す」MTA覆髄治療は歯の寿命を延ばすことのできるMI治療(最小襲撃治療)といえます。

MTAの方法について

歯科用拡大鏡を使用して、低速ドリルや手用器具(エキスカベーター)などで虫歯を除去していきます。
歯髄に近接した深い虫歯の治療となるため、刺激を与えないように虫歯を取り除いていくことがポイントになります。

MTAの注意点

適応症が限られます

MTAによる覆髄処置は、非感染生活歯髄が適応症になります。
何もしなくてもズキズキ痛む、温かい物で痛むなどの炎症歯髄や感染歯髄は非適応症となります。
すでにむし歯の穴が歯髄にまで達している場合も非適応になります。
歯髄保存治療の可否はむし歯の状態を直接確認した上で、判断していきます。

歯髄を保存できない場合もあります

MTAによる覆髄処置は、従来よりも高い確率で歯髄を保存できる治療法ですが、歯の状態によっては治療後に、歯髄の炎症などによる抜髄処置が必要になる場合があります。
数ヶ月、数年後に失活する可能性もあります。

治療直後は多少しみることがあります

MTA覆髄治療の直後は、虫歯除去時の刺激や覆髄処置の刺激によって、一時的に歯が過敏になり、冷たい物などでしみる場合があります。
これらの症状も時間が経つにつれて軽減・消失していくことがほとんどです。

ページトップへ