むし歯|福岡県糟屋郡 ミスターマックス粕屋店の歯医者おがたファミリー歯科

http://namba-line.heteml.jp/ogata-family-dc.com/

0926271182

受付時間…土日の午後診療は14:00~18:00

むし歯治療

むし歯治療

健康な歯の構造はこのようになっています。
外側はエナメル質、象牙質と呼ばれる硬い組織に覆われていて、その内部には、神経や血管から構成される歯髄があります。

むし歯の進行具合に応じた治療の方法

削る必要がないごく初期むし歯

削る必要がないごく初期むし歯

歯の表面が脱灰(だっかい)し、溶け始めた状態です。穴はあいておらず、痛みもありません。健康な歯の表面は透明感がありますが、脱灰が起こると、その部位が白っぽくなります。適切な歯みがきや、フッ素塗布などにより再石灰化を促し、治療として歯を削らず経過をみていきます。

小さなむし歯

小さなむし歯

小さな穴ができ始めますが、痛みはありません。治療は、虫歯だけを取り除き、レジンと呼ばれるプラスチックを詰めるという簡単な治療で済みます。同じ色にできるので目立ちにくくできますが、年月とともに多少変色してきます。

大きなむし歯

大きなむし歯

むし歯の範囲が広く、噛んだ時の力が集中する場所には、インレーと呼ばれる銀歯の詰め物をします。局部麻酔をしてむし歯を取り、型どりをして、次回来院時に装着するものです。

深いむし歯

深いむし歯

神経まで達したむし歯

神経まで達したむし歯

神経までむし歯が進み、歯髄が感染してしまった場合は、神経の治療が必要です。
また、神経の治療済みの歯が感染した場合も同様の治療が必要です。
ファイルと呼ばれる器具で感染物質を除去し、薬剤で殺菌し症状がなくなると充填薬で満たします。
土台を立て、被せ物(クラウン)を作製していきます。

骨まで達したむし歯

骨まで達したむし歯

むし歯が末期まで進み歯を残すことができない場合は抜歯を行います。欠損した歯はブリッジ、入れ歯、インプラントにより補います。

欠損歯を補う種類と特徴

  • インプラント

    インプラント

  • ブリッジ

    ブリッジ

  • 入れ歯・義歯

    入れ歯・義歯

むし歯治療のまとめ

ごく初期のむし歯は、削る必要もなく、痛みも感じることなく、健康な状態とほぼ変わらない状態を長い間維持することが可能です。
歯医者が怖い、面倒くさいと治療を後回しにすると、症状はどんどん進行してしまうこともあります。
痛みがあればもちろんですが、自覚症状がなくても定期的に歯科医院でむし歯が出来ていないかチェックを行うことをおすすめします。

ページトップへ