小児歯科|福岡県糟屋郡の歯医者

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
歯科外来診療環境体制加算指定医院

お電話でのお問い合わせ 092-627-1182

小児歯科

小児歯科

乳歯だからと思って甘くみると、永久歯に様々な影響を与えることになります。乳歯はむし歯になりやすくむし歯の進行が早いという特徴をもっています。乳歯が崩れると歯並びが乱れたり、悪い咬み癖がついたりすることがあります。
お子様の成長に応じた予防や治療が必要になります。

お子様の成長に応じた
予防や治療

0~1歳

お母さんお父さん(お婆ちゃんお爺ちゃんなど)からお子様へむし歯菌が移らないように注意が必要です。
歯の表面についた汚れは濡らしたガーゼなどで拭ってください。

1~3歳

1歳を過ぎたら離乳食に変えていきましょう。
ジュース、ミルク、乳酸菌飲料などやおやつの回数・時間が多いとむし歯になりやすい環境になってしまいます。
少しずつ歯ブラシに慣れていき、夜は仕上げ磨きをしてください。

3~5歳

むし歯ができてしまった時は3歳を目安に治療ができる環境をつくっていきます。
乳臼歯の溝がむし歯になりやすそうな場合はシーラントをします。
小学校に上がる頃には一人で磨けるように歯ブラシの練習をします。

6~12歳

永久歯へと生え変わってくる時期です。生え変わりをみながら必要に応じて小児矯正を行います。

13歳~

永久歯が生えそろいます。むし歯とあわせて歯肉炎の予防も必要です。
歯並びの乱れがあるようなら成人矯正が必要です。

小児歯科で用いられる
治療・処置について

シーラント

乳臼歯や生えたばかりの永久歯の溝はむし歯に対する抵抗力が低いです。フッ素含有のプラスチック(シーラント)を流して固めることで、むし歯予防の効果が高くなります。歯を削らずに行うため、数ヶ月~数年ではがれることがあります。

フッ素

歯の表面の強化によりむし歯予防の効果が上がります。
正しい食習慣、ブラッシングが身についていないとその効果は発揮されません。

歯こう染色

磨き残しが目に見える様に色をつけて清掃指導をします。

当院での
小児歯科治療について

当院ではお子様が自分からむし歯治療できる環境づくりをしています。
そのため拘束具などは準備しておりません。3歳を目安にむし歯治療の練習をしていきます。
治療室へは保護者の方も一緒に入っていただき、治療の様子をご覧いただくこともできます。